白内障や眼内レンズ手術後の保護メガネ

現在技術の発展により日帰り手術が主流になり、眼帯をはずした後の術後のケアを疎かにする傾向があり、感染症が増えております。手術後の経過中に細菌が眼内に入って、術後の眼内炎になることがあります。感染は2~3日で発生するケースが多いようです。その為にも白内障術後の保護メガネは必要になります。
白内障手術後の眼はとてもデリケートです。術後のデリケートな『目』を守る為保護メガネを使うことをお勧めします。


手術後の保護メガネ

白内障や眼内レンズ術後の目をガードする保護グラスです。
確実に目を保護する為に、紫外線カット99,5%はもちろん
衝撃に強いポリカーボネートフレーム&レンズの使用、目立たない
シンプルなデザインそして、お顔にジャストフィットできる
ソフトアームなどさまざまな機能を追加。

保護メガネのレンズ

保護メガネの枠

・素材 ポリカーボネート
・機能 プラスチックの30倍の耐衝突性
・特徴 フレーム上部にカバーを付ける事により風の巻き込みを防ぎ、ホコリや花粉などを最小限に防止します

・素材 ソフトプラスチック樹脂
・機能 頭部の形状に合わせて自由に調整可能
・特徴 どなたでも簡単に手で曲げることが出来ます。

TOP

MENU