深視力とは

大型自動車免許、二種免許の取得・更新時、視力検査以外に行われるのが深視力検査です。
これは 両眼視機能と呼ばれる眼の能力のうち、遠近感や立体感の検査であり、長時間の運転、
あるいはミラーを多用する大型車の運転には正常な立体視が必要との理由からです。  

免許 視力

道路交通法第23条(自動車の運転に必要な適正についての免許試験)

(2007年6月に法改正があり中型免許が導入される予定) 

視力がよくても、次のような場合は注意が必要です。

 1.遠近感がわかりづらい、距離感がとりづらい

 2.視力はよいが、目が疲れやすい 

 3.両目で見ると焦点があわない

 4.利き目ばかり使ってしまう

 5.いろいろな物に良くぶつかる

大型自動車免許・二種免許に合格するためには

深視力試験に合格するためには、「両眼視機能検査」が必要です。
斜位などがある場合はそれを考慮したプリズム眼鏡の使用や眼鏡度数改善により深視力
障害は改善する場合が多いのです。その上で当店設置の深視力訓練器での訓練を受け、
深視力を身につけて頂きます。深視力検査に不安をお持ちの方は是非ともご相談ください。    


深視力検査は、「三桿(さんかん)試験」という方法で行われます。
これは、大型および二種の運転免許に不可欠な遠近感覚検査をする目的で作られており、合否に
ついては、検査する人が器械を操作して決めることになります。

深視力検査機を覗くと画面の奥に3本の棒が見えます。このうち両端2本が固定されており、
その間の1本が前後に移動します。
3本が並んだと感じたときにボタンを押し、そのズレを測定するのが深視力検査です。
これを3回行い、平均誤差が2cm以内であれば合格です。

深視力検査

当店では、深視力検査のための三桿法の検査器を設置しています。

深視力用メガネとは

深視力用のメガネとは、精密な検査を行った上で、三桿法の検査器で正答を得られるメガネです。

「立体視」の検査法にはいろいろな種類がありますが、この三桿法というのは目標が動く動的な
検査法の為、他の静的な立体視検査法と比較して難しいようです。「偏光指標を用いた立体視検査では
問題が無くとも、三桿法による測定では問題がある」、という事例も多々見受けられます。

その結果、屈折(近視・遠視・乱視)、調節(老眼を含むピント合わせの力)、眼位(斜位・斜視)
眼球運動(主に輻輳・開散といった眼の内寄せや外寄せの機能など)などを総合的に捉えて検査をする必要が
あり、単に屈折異常と眼位のズレを矯正すればよいという単純なものではありません。 

何より、「検査への慣れ(習熟度)」というのも重要な要素です。
特に静的な立体視検査では問題が無く、三桿法による測定でのみ問題がある方は、三桿法の検査器による練
習と並行して視機能トレーニングも行うと効果的な場合があります。

深視力検査料金

当店では、深視力の練習のみのご利用はご遠慮しております。 深視力検査の代金は、メガネをお作りいただく
お客様からは頂いておりませんが、 諸般の事情により眼鏡を作成するにいたらなかった場合は、検査料として
3000円お願いしております。    

深視力メガネ研究会 会員一覧

全国の深視力メガネ研究会の会員一覧です。

事例紹介

深視力の出にくかったお客様
T.M(昭和43年生まれ/男性)

【主訴】

大型免許取得のため教習所へ通っているが、そこでの深視力検査(三桿法)
にバラツキがあり本試験での検査がとても不安でどうにかしたい。


現常用眼鏡
R=S-3.00C-1.00AX180°
L=S-3.00C-0.50AX180°PD67

現状用眼鏡に前掛け偏光レンズをかけ
ポラテスト(偏光視標)の十字テスト、コの字テスト、立体視テストを行った。

十字テストでは縦線が横線の左斜め上にズレ、
コの字テストでは左右のコの字はくっきり長方形に見え、尚且つ
右のコの字が少し上にズレて見えていた。
当然の事ながら立体視も出なかった。

パソコン用として使用されているメガネ
R=S-2.25C-0.75AX180°
L=S-2.25          PD63
常用眼鏡でのパソコン作業は疲れるとのことで使用している。

<当店での検査>
オ-トレフ値
右S-3.50C-1.25AX178°
左S-3.50C-0.50AX176°
PD68

片眼遮蔽屈折検査(完全矯正値)
VD=(1.2×S-3.25C-125AX180°)
VS=(1.2×S-3.25C-0.50AX175°)
ポラテスト(偏光視標)による眼位検査
コの字テスト         1.0△左眼上斜位 
十字テスト          8.0△外斜位    

テスト装用で立体感も出て、深視力訓練器による誤差も2cm以下でパスしたので
以下の度数でメガネを作る事になった。

R=S-3.00C-1.00AX180°  (0.50△up  2.0△in) 視力 1.0
L=S-3.00C-0.50AX175° (0..50△down 2.0△in )視力 1.0 両眼視力1.2
瞳孔間距離67mm

完成したメガネをお渡ししてから2週間後、今度はパソコン用のメガネを希望され来店。状況をお伺いしたところ「調子よく使用してる、奥行き感が増し運転も楽になった。」との喜びのお言葉をいただきました。

TOP

MENU