眼精疲労軽減レンズについて

@③長時間の手元の作業をした後に、眼が疲れる事はありませんか?
眼は毛様体筋という筋肉を使い、眼の中のレンズ(水晶体)の厚みを変えてピントを合わせています。手元の作業をする場合、水晶体を厚く膨らませなければならない為、長時間手元の作業(パソコン、読書等)をしていると眼が疲れてしまうのです。

よく検査中に遠方の度数を弱めると手元が楽になる事を実感された方もあると思います。これは、遠方を見づらくする事によって、手元にピントを合わせる筋肉の力が少なくてすむ為なのです。

例をあげると、重い荷物と軽い荷物を長時間持つのを比べた時に、どちらの方が疲労感は少ないでしょうか?当然、軽い荷物を持つ方が疲労感が少ないと答えると思います。眼も同じで、長時間筋肉をたくさん使うと疲労感が出ます。その為、度数を弱めた方が使う筋肉が少なくなり楽になるというわけです。

しかし、このままでは遠方が見づらくなるので、出来る限り遠方も手元も疲労感が少なく、よく見えるメガネが理想ですよね?

それを可能にしたのが@④眼精疲労軽減レンズ@です。

このレンズは、遠方を見やすく手元を楽にすることを可能にしたレンズです。@

@③実際眼精疲労軽減レンズを掛けると自然に遠方も手元も見える為、従来からある近視、遠視、乱視のレンズと同じように、10代から40代まで幅広い年齢層でお使いいただけるレンズです。

10代では学校や塾での授業、20~30代では仕事等で長時間のパソコン作業、40代なら長時間の近用作業が辛くなってきたが、まだ遠近両用は掛けたくない方等に最適なレンズです。@

TOP

MENU