初めてのコンタクトレンズ

コンタクトレンズは、視力を矯正するための高度管理医療機器です。ですから、眼科医の指示のもとで、自分に合ったコンタクトレンズを、正しく使用することが大切です。
大切な目を危険なトラブルに遭(あ)わせないためにも、正しい使い方やケアなどをしっかりと把握しましょう。

コンタクトレンズは高度管理医療機器

まず始めにコンタクトレンズとは眼球と瞼の間に入れる視力矯正用のレンズのことを言います。世間一般な言い方として眼に入れると言いますが、実際は角膜(黒目)の上に乗せると言ったほうがいいでしょう。角膜の表面には涙の層がありそこに浮いている様な状態です。
コンタクトレンズはメガネ(視力矯正道具)と違い眼に直接触れている為、どうしてもトラブルが起こり易いです。更には昔より量販店や安売り店が増え簡単に購入できる様になってしまった為、しっかりとした説明が十分なされずにより一層トラブルが増え続けてしまったのです。
それにより厚生省がコンタクトレンズも心臓のペースメーカ同等の高度管理医療機器に指定しました。それによりユーザーも販売側も意識を向上させなくてはいけないのですが出来てないのが実情です。

※賞月堂では全てのお客様にご理解頂く為、店頭及びHP上で色々な情報を開示していきます。

コンタクトレンズの種類

◎ハードレンズ

ハードレンズ

ハードレンズは左記の画像の様に黒目より小さく硬いレンズになります。

長所

・酸素透過性が高く長時間装用が可能です。
・視力矯正に優れ視界がシャープです。
 (乱視矯正にもすぐれています)
・寿命が長く経済性に優れています。
短所

・初めて装用の際に違和感が大きく慣れるのに時間が掛かります(約2週間程度)
・体質にもよりますが充血が目立ち易いです。
現状

ハードレンズも新商品が発売され昔より飛躍的に装用感が向上しました。ですが、違和感はソフトの方が少ない為、使用者は増加傾向にはありません。
PS.使い捨てCLユーザーの市場は拡大しましたがハードレンズは平行状態です。


 

◎ソフトレンズ

ソフトレンズ

長所

・装用感に優れ付け心地が楽です。
・激しいスポーツや仕事にも適応が出来ます。
短所

・酸素透過性が低く長時間装用に向きません。
・レンズが汚れ易いので1day以外は毎日消毒が必要となります。
・レンズが乾き易く乾燥感が強くなり易いです。
現状

ソフトレンズの主流は5~6年前から使い捨てレンズになり賞月堂でも95%以上は使い捨てタイプになります。
更には、2007年からシリコンを使用した次世代レンズが発売され大ヒットです。ソフトなのに高酸素透過性で乾き難い新素材です。


 

まとめとしてコンタクトレンズの主流は使い捨てレンズとなり更には新素材であるシリコンハイドロゲルが主流となりつつあるのは全国的、いや世界的に見ても間違いありません。
しかしながら、ハードレンズにも優れた特徴がある為無視をする事は出来ません。何を言っても健康にいいのはハードレンズであるの立証されております、ですから賞月堂としてはお客様個人個人に合った最高のレンズを提案していきます。

賞月堂からコンタクトレンズの注意

賞月堂ではお客様の眼の健康を大切にしております。その為、連続装用型(着けたまま寝る事の出来るたいぷのレンズは推奨しておりません。その理由として認可が取れたからOKと言うレンズが多く特別に優れている訳では無い。更には認可を利用して過大な広告及び販売方法をとっているものも多いからです。実際問題に優れたレンズが立証されれば別ですが・・・
もう一つとしてカラーコンタクトレンズです。1dayタイプであれば安心してたまに使用できると言う意味で問題ないのですが、常用もしくは視力矯正としてではなくファッションのみとして度数0のコンタクトは無駄に眼に負担を掛けてしまう為、安心してオススメはできません。

コンタクトレンズの現状

コンタクトレンズは、2007年に激動の年を迎えました。特に使い捨てコンタクトレンズの市場は日本より海外の方が大きく、先に海外で発売されその後日本に入ってきているのが実情です。つまり日本は海外より少し遅れているのですが裏を返せば実証されたレンズ(厳選されたレンズ)が入ってくるので安心です。
海外でも多くの人が利用しているシリコンハイドロゲルレンズ(次世代レンズ)は安心・快適なレンズです。
ハードレンズは圧倒的に日本及びアジア諸国でユーザー数が多く米国及び欧米諸国においては少ないのが現状です。その為、開発及び新商品が少ないのですが、日本が誇るコンタクトレンズメーカー「メニコン」がハードレンズにおいても積極的に取り組んでおり素晴らしい商品が発売されております。

TOP

MENU