花粉症予防

花粉が多いと予想されている今年、目を花粉から守るいくつかの方法をご紹介します。

花粉防止サイドカバー付き眼鏡

普通の眼鏡でも、掛けないよりは目に入る花粉を40%ほど減らす事が出来るとされています。
 
しかし、普通の眼鏡だと顔との間に数センチの隙間があり、そこから花粉が入ってきてしまいます。
 
そこで、眼鏡のふちを囲いでおおい、空気の出入りを少なくすると、目につく花粉を65%ほど減らす事が出来るというのです。
 
今掛けている眼鏡に付けられるおおいや、枠に最初からおおいの付いた眼鏡をお使いになることをお勧めします。
 
また、ドライアイの方にもおススメです。

静電気防止レンズ

眼鏡レンズのコーティングの中には、「静電気防止コート」という物があります。
 
空気中のほこりや花粉などは静電気を帯びる所に付きやすいといわれています。
 
多くの眼鏡レンズは静電気を帯びるという性質がありますが、数年前に出て来た「静電気防止コート」メガネを使うことによっても花粉から守ることが出来るとされています。
ほこり(汚れ)も付きにくくなるので、眼鏡を拭く手間も少なくなります(こちらが本来の目的なのですが)。

文献

厚生労働省HP花粉症対策より(PDFファイルです)
http://www.env.go.jp/chemi/anzen/kafun/html/pdfs/3.pdf

HOYAビーナスガード
http://www.vc.hoya.co.jp/special/venus/pdf/venus_pollen.pdf

TOP

MENU