強度近視(遠視)の方に最適な メガネフレーム



近視の方は、度数が強くなればなるほどレンズ周辺部の厚みも増し、重くなります。 
また、レンズの光学中心から距離が離れるほどレンズが厚くなります。

強度近視

レンズの厚みは、「レンズの度数・屈折率」「お客様の左右瞳孔間距離」「フレームの玉型(レンズの大きさ)」「フレームの鼻幅(レンズとレンズの間の幅)」といった要素によって決まります。
ただ単に玉型を小さくするだけでは厚み・重量は大きな効果は得られません。
強度近視の方に最も効果的なフレームは、玉型サイズを小さくするのはもちろんのこと、お客様のPD(瞳孔間距離)とフレームPDを合わせた鼻幅の広いフレームほど、レンズは「薄く・軽く」仕上がります。

強度近視用メガネ

メガネ仕上がり比較

通常メガネ(入れ替え前)

薄く軽くなるメガネ(入れ替え後)

レンズ

ガラス 屈折率1.8

ガラス 屈折率1.8

フレームサイズ

50-15 FPD65

38-22 FPD60

PD(瞳孔間距離)

PD58

PD58

右レンズ度数

S-13.50 C-0.75AX90°

S-13.50 C-0.75AX90°

左レンズ度数

S-12.25 C-2.00AX90°

S-12.25 C-2.00AX90°

仕上がり重量

50グラム

21グラム

仕上がり写真

婦人枠 ラミュー

おすすめ薄く軽くなるフレーム

フレーム:AKITTO 41ロ25

フレーム:AKITTO 43ロ22

フレーム:AKITTO 43ロ23

フレーム:AKITTO 43ロ23

フレーム:FLEA 41ロ23

フレーム:FLEA 44ロ20

フレーム:PUTRI 48ロ19

フレーム:G4 48ロ20

メガネ作成例 (強度近視)

フレーム:アキット 41ロ25

R)Sー10.00  
L)Sー10.00Cー0.50Ax160  PD66
1.74AS薄型単焦点レンズ使用
インナープラスチックにレンズがすっぽり入り、度が強いメガネには全く見えない仕上がり。

フレーム:アキット 45ロ23

R)Sー8.50Cー1.25Ax90  ADD2.00
L)Sー6.75Cー1.00Ax90   ADD2.00  PD63
1.74AS薄型遠近両用レンズ使用
以前のメガネと比較すると、かなり薄く軽く仕上がりました。

フレーム:G4 48ロ20

R)Sー8.75Cー1.25Ax10  ADD2.00
L)Sー8.25Cー0.50Ax20   ADD2.00  PD66
1.74AS薄型遠近両用レンズ使用
厚み4mmのフレームからほとんどレンズがはみ出ず、かなり薄く仕上がりました。

フレーム:FLEA  44ロ20

R)Sー9.25Cー0.50Ax60
L)Sー8.75Cー0.50Ax170
1.74AS薄型単焦点レンズ使用
フレームからほとんどレンズがはみ出ず、かなり薄く仕上がりました。

フレーム:プトゥリ  45ロ19

R)Sー6.25Cー1.00Ax180
L)Sー7.25Cー1.25Ax180
1.67AS薄型単焦点レンズ使用
現使用のメガネと比べると、格段のレンズの薄さに仕上がりました。

フレーム:プトゥリ  45ロ19

R)Sー11.50
L)Sー12.00Cー0.50Ax10
1.80薄型単焦点ガラスレンズ使用
ガラスの為、重さは出てしまいましたが、レンズはかなり薄く仕上がりました。

メガネ作成例 (強度遠視・老眼鏡)

フレーム:FLEA  44ロ20

R)S+5.25
L)S+4.00C+0.50Ax10
1.67AS薄型単焦点レンズ使用
+5Dにもかかわらずかなり薄く仕上がりました。

TOP

MENU